メール内容と関係がある広告だけ貼る

お客様目線でのメール文が大事

商品購入いただいたお客様に自社商品のファンになってもらうための次の施策として、メールは非常に有効です。最近は、開封率のとれるHTMLメールが主流ですが、制作会社とのやりとりもなく、担当者自らの執筆で伝えたいことを直接お客様に伝えることができるテキストメールですと、安価にスピーディーに対応できるというメリットがあります。

ただし、視覚的に読めないテキストメールは、字面で読ませていくという文章のテクニックは必要ですが、堅くなりすぎない親しみのある文章でどこへ誘導したいのかといった目的のあるメールにすることで、お客様に読み続けてもらうことが可能です。お客様にメールを開封し続けてもらうためにもお客様目線でのメール作成が重要です。

広告エリアは入れない前提で考えよう!

お客様は、メール配信する側が思っている以上に、件名をみて開封しています。差出人と件名でどこからのメールかを読み解き、メールを開けていきます。つまり、最初のコミュニケーションが肝心!メール文が件名と関係のない文章になっていたり、無駄な広告エリアが入っていて、情報として陳腐な内容だと、次の配信時から読まれなくなる確率が高くなります。せっかく、何かの縁で繋がったお客様とのコミュニケーション。無駄な広告エリアによって、お客様との信頼関係が崩れるのはもってのほかです。また、その広告がネガティブな印象を与えるものであればなおさらです。

広告エリアを入れる必要があったとしても、メール内容と関係がある広告だけを貼りましょう。いつも質の高い情報を届ける意識と心構えは大切です。

メール配信のサービスを利用することで効率よく広く広告を拡散できます。こうしたサービスを利用すれば大変な運用をスマートに行うことが可能です。