同じような内容のメールを何回も配信しない

同じ内容で出し続けるのはご法度

メール配信の鉄則とも言えるのが、同じような内容のメールを何回も配信しないことです。メールは顧客にダイレクトに情報を伝える事が出来る便利なツールです。その一方で、メルマガを解約されてしまっては、その顧客にアプローチを取ることができなくなってしまいます。一度離れてしまった顧客を再び呼び戻すのは難しい行為です。少しでも、解約されてしまうリスクを抑えられる様にメール配信には工夫が必要なのです。
同じ内容のメールを送り続ける行為は不必要なメールを送り続けられていると捉えられ、メルマガを解約されてしまいかねません。メールを顧客に配信する際は、似たような内容になっていないかを考えて、常に新鮮な情報を提供する様に心がけましょう。

顧客目線で考えるのが大切

同じ内容のメールを送り続け無いという鉄則を貫こうとする場合に壁となるのが、工数です。同じ内容にならない様にネタを考えるのは想像以上に大変な行為と言えます。仮に週に1回の頻度でメール配信を行なっているのであれば、少しスパンを長くしてでも、内容を充実させた方が賢明です。同じ内容が頻繁に来ると、また同じ内容が来るのではと考えてしまい解約されかねません。工数を割くことが出来ないのであれば、抜本的な配信頻度も見直して行きましょう。
メールはリアル店舗における接客の様な役割です。接客がイマイチな店には顧客は寄り付かないので、しっかりと顧客目線に立って、どの様なメールであれば、読みたいかを考えて配信内容を考えて行きましょう。