長文になりすぎない

1行の文字数は長過ぎない様にする

社会人でパソコンを利用する仕事をしているなら、文字だけで構成されたテキストメールの使用が一般的でしょう。メールマガジンもテキストメールでメール配信される事がありますが、昨今ではHTMLタイプでのメール配信する企業も少なくありません。 いずれにしろ、読者は分かりやすいメール・ストレス無く読めるメールを好む傾向があります。仕事で顧客からの問い合わせメールなら、どんなに読みづらく長文であっても工夫して読むでしょう。場合によってはプリントアウトして、読む事もあるかも知れません。しかしメールマガジン等は1行が長くても35文字程度が理想的であり、余りに長いと理解が難しくなったり誤解を与え兼ねません。一度作った物は読者目線で見直し確認後、メール配信すると読者に敬遠されるリスクを下げられるでしょう。

一工夫凝らして読みやすくしよう

テキストメールでも、メールの読みやすさを向上させる事は可能です。まず、適度な空白を適宜入れる事です。とは言えブログの様に1行単位で改行を入れると、却って見づらくなるかも知れません。したがって5行程度を目安にして1行、もしくは2行分の改行を入れるとバランスが取れます。 また、1行を何文字で改行するのかを意識する事も大切です。何故ならパソコンで大型ディスプレイを利用している事もあるでしょうし、表示画面の狭いスマートフォンの読者もいるでしょう。またスマートフォンでも4インチ台の他、5インチ台以上とバリエーションも増えていますが、1行は20文字程度で統一するのが現実的かも知れません。更に記号を適度に使うとHTMLメールにしなくても、より読みやすくなります。