写真や動画を使って内容を分かりやすくする

効果的にHTMLメールを活用しよう

自社の商品やサービスを紹介していくにあたり、メールマーケティングは非常に有効なツールといえ、テキストメールよりも開封率のとれるHTMLメールが主流となっています。一昔前は、HTMLメールを配信するとメールを開くのに時間がかかり、テキストメールが好まれていました。しかし、IoTの進化とともに、動画の視聴でさえストレスなく閲覧できる時代となりましたので、視覚的に訴求できるHTMLメールは、積極的に活用したいツールです。 テキストメールは、お客様に学習能力を強いますが、HTMLメールはインパクトのある写真や動画を利用して、視覚的に読ませ、サイトへ誘導させたり、直接申し込ませるといったことができます。視覚的に伝えたほうが伝わりやすい商品やサービスの訴求の場合はHTMLメールで配信するほうが効果的です。

効果的に作成しようHTMLメール

HTMLメールのデメリットは、制作の時間がかることです。現在は、メールを簡単に作成できる機能つきのマーケティング・オートメーションや配信ツールもありますが、テキストメールより制作に時間がかかります。それでも、伝えたいことが明確なHTMLメールを作成すると、お客様へのインパクトは大きいものです。 HTMLメールの制作にあたっては次の2点が大事です。まず、メールの企画意図にあった写真入りメインビジュアルとキャッチコピーでメールの目的と何をして欲しいのか(コンバージョン)を伝えることです。そして、はじめてのお客様向けに補足説明としてのエリアを設置し、理解を深めるための動画も一緒に案内することです。 お客様にとって良いと思ってもらえる情報を届け続けることでいつの間にか顧客化していた、と嬉しい悲鳴のあがる効果的なHTMLメールでメールマーケティングを行いましょう!